2018年3月29日 (木)

第82回「海程」香川句会(2018.03,17)

IMG_2156.jpg

事前投句参加者の一句

    
「アベ政治を許さない」師は逝きたまう 稲葉 千尋
ははははは ははははなれて 花は葉に 島田 章平
桃咲(わら)うそれでも保険かけますか 藤川 宏樹
思い切り人生未知数春卵 中野 佑海
窓越しの春満月に触れてみる 髙木 繁子
雪よ降れヒンズークシュの水甕へ 新野 祐子
蜃気楼パズルの解けぬ顔がある 中村 セミ
マスクして憂き世に遠くゐるつもり 谷  孝江  
錆釘の黙が匂えり花の夜 大西 健司
ぼくと地球とタンポポの独り言 増田 天志
春の雪闇の歪みをつたうかな 山内  聡
地虫出づ多数決を覆し 三好つや子
帰る場所探す鳥たち二月二十日 野口思づゑ
オウ!と鳴る春汽笛船が行く船が行く 伊藤  幸
目を閉じて聞く先生はもう梟 河野 志保
兜太逝き蒼天に吠える群猪 疋田恵美子
バーガーのオニオン多め春セーター 野澤 隆夫
春雨や真つ赤な魚が宙に舞う 銀   次
冴え返るうしろ手に数珠握りしめ 菅原 春み
師の骨の真白く太し風花す 松本 勇二
オブラートにつつまれたぼくを呑んだ雲雀 田口  浩
白梅のような骨を拾った熱かった 若森 京子
さかなになったばかりで春月 男波 弘志
束ねないで花々ゆつくり揺れる 三枝みずほ
舞子まで蝶追い木偶追い影失くす 矢野千代子
枯れてあたたか苧(からむし)普段着のあいさつ 野田 信章
春の夜や無名至福の酔っぱらい 小宮 豊和
朧から現れ家族の振りをする 重松 敬子
春光や水に流せぬもののあり 藤田 乙女
留守番の父の飾りしヒヤシンス 中西 裕子
うららけし足の届かぬ木のベンチ 亀山祐美子
春塵のずしりと来たり喪の報せ 豊原 清明
よく眠り夢の春野に逢いにゆく 月野ぽぽな
兜太逝き梅遅く咲き永く咲く 鈴木 幸江
馬鹿になっての句作がよろし虎落笛 寺町志津子
啓蟄より少し長めの舌である 竹本  仰
蠟梅のくしゅっと咲いて母逝けり 桂  凛火
兜太逝く花の秩父を目前に 高橋 晴子
桜草片戸の奥に人の居て 河田 清峰
春浅し地球の重しひとつ減る 夏谷 胡桃
木の芽晴れ里山長き眠り覚め 漆原 義典
梅咲くや残されし我ら遺児のごと 田中 怜子
春落日金子兜太の大笑す 野﨑 憲子

句会の窓

月野ぽぽな

特選句「師の骨の真白く太し風花す」兜太先生の骨に焦点をあてたところが秀逸。先生の純粋さ繊細さを「真白く」から、侠気、志の強さ度量の広さ大胆さを「太く」から想起させ、先生への愛情が「風花す」に溢れる美しく逞しい追悼句。

若森 京子

特選句「目を閉じて聞く先生はもう梟」目を閉じると長年聞き慣れたあの懐かしい声が聞こえてくる。梟は幸福を運んでくると云われる。兜太先生は風貌も梟に似ている。より近くになった様に思う。特選句「枯れてあたたか苧(からむし)普 段着のあいさつ」苧は朝鮮から来たと云われるが麻の繊維。まずこの文字がこの一句の中心にあり全体の情感をふくらませている。人間のあたたかな平常心の姿が見える。

増田 天志

特選句「舞子まで蝶追い木偶追い影失くす」結界を越えてゆく。影無き存在に。幽玄の世界の中へ。

中野 佑海

特選句「オブラートにつつまれたぼくを呑んだ雲雀」なんてちっちゃな僕ちゃんでしょう。こんなに可愛い、か細い、不安だらけの草食系男子を難なく飲み込んでしまう、したたかで、柔軟で、挫折知らずの肉食系女子。此れから子育ては男 子の手に委ねられていくのね!?特選句「枯れてあたたか苧普段着のあいさつ」昔から着られている心地良い着物ですね!人間も、誰かに遣えるだの、そん度するなどという宮仕えから離れ、心と行動が一致する境地になるにはまだまだ時間が係り そうです。でも、そこまで行けたら、この世も自分にとって住みやすい場所となるんでしょうね。 小豆島吟行は本当に皆様の熱意ある講評。とても、有意義な2日間を楽しめました。皆様、有難うございました。遠くから参加頂いた、野田様、増田様、田中両氏本当にお疲れ様でした。また、素晴らしい俳句誌として「海原」が順調に滑り出した らと、願って止みません。

山内  聡

特選句「ひとり漕ぐぶらんこ鉄の匂ひけり」ぶらんこから鉄の匂いがしたのは、それが特に意識されたのは、ひとりでぶらんこを漕いでいるから。ぶらんこをひとりで漕ぐというのは、何かわびしい。わびしい心を癒すためにぶらんこでも漕 いでみようかと思ったのか。春の陽気に包まれたらさぞ気持ちも晴れ渡るだろうと思いきや、ぶらんこの鉄の匂いに気をとられた。春を感じようとして何か冷たい鉄からの印象を受けその鉄に心をとらわれてしまうぐらい心も冷え切っているのでし ょうか。

矢野千代子郎

特選句「「枯れてあたたか苧普段着のあいさつ」」風に鳴る苧の乾いた音を「普段着の挨拶」とは…作者はまさしく詩人ですね。特選句「梅の夜背に金子兜太全集」金子先生の「梅」の作品などがうかんできて感無量です。

島田 章平

特選句「春落日金子兜太の大笑す」。金子兜太先生が亡くなられました。失ったものが余りにも大きく、まだ心の整理がつきません。今句会の提出句にはその驚きと悲しみ、そして兜太先生の御意思を継承しようとする強い心、様々な句が詠 まれました。心を自由に解き放ち、ありのままを見つめる、それが兜太先生の俳句への眼差しだった様に思います。特選句を初め、追悼句には様々な思いが込められており、批評は差し控えます。金子兜太先生の御冥福を御祈り致します。合掌

藤川 宏樹

特選句「花束抱き胯間ひろらに卒業す」:「胯間ひろらに」に慶びの開放感と卒業の誇りが感じられ、着想が見事です。小豆島の「春探し吟行」、天候にも人にも恵まれ楽しめました。二日間の鍛練のおかげで、作句が楽になった気がします 。お世話くださった中野さん、野崎さん、ありがとうございました。

野澤 隆夫

吟行句会の熱気に圧倒され、みなさんの意欲的な姿勢に感動させられ、エネルギーをもらいました。ただ体力的に持久力が無いのが少し悔しいですが、マイペースです。今月の選句は下記です。特選句「春の嵐取りに戻る忘れもの」ごく普通 の日常なのでが。あたふたと飛び出て〝あっ忘れた…〟と春雷の中を引き返す。忘れ物を取りに…。しかし、ここでの忘れ物は過去の精神的な忘れ物かも?兜太さんへの惜別の句もいいのが多いですね。小生は「兜太逝くオオカミ唸るよく来たな」 を選句しました。あらためて『金子兜太自選自解99句』の表紙の書〝おおかみに蛍が一つ付いていた〟を見てます。力強い書です。問題句「朧から現れ家族の振りをする」朧から家族の振りをする人が出て来るとは?やはり問題です。

三枝みずほ

特選句「窓越しの春満月に触れてみる」窓一枚を隔てて見えてくる世界観。軽いゲージに入っているような、触れたくても触れられないという葛藤、胸の内に共感。しかし、春満月はきっと冷たく硬くはない、そこがよかった。「よく眠り夢 の春野に逢いにゆく」金子先生への想いに共感、またいつか逢えるんだと思う。小豆島吟行ありがとうございました!色々とお気遣い頂き、参加出来たことに感謝しております。幹事の佑海さんの完璧なスケジュール、凄すぎます!本当にありがと うございました。

稲葉 千尋

特選句「蠟梅の顔深く眠りおり」おそらく金子先生のお顔を見に行かれた方だと思います。「蠟梅」がよく効いている。合掌。特選句「白梅のような骨を拾った熱かった」葬儀に出席されて遺骨を拾ったのであろう。下五の「熱かった」が作 者の慟哭。

夏谷 胡桃

特選句「うすらいやこえをはりあげるなんて嘘」。今回は、金子兜太追悼句から10句を選んでみました。特選のこの句は、兜太先生の追悼句かわかりませんが、感じるものがありました。先生のお葬式に出向き泣きたかった。兜太先生を知 る人と語り合いたかった。でも、いつものように出勤し仕事しました。職場に金子兜太も俳句も知る人はいません。悲しいんだよとワァーと声をあげたくなりますが、顔は笑って悲しみに耐えます。誰かに金子兜太が死んだんだよと話をしたかった です。さいわい、夫は少しわかってくれます。夫は仕事で金子兜太先生と嵐山光三郎氏のインタビューの編集をしました。その時に買った金子兜太の本が本棚にありました。その本を手にして、俳句に興味を持ったのでした。金子兜太のもとで俳句 をはじめたと知った嵐山氏が金子兜太全集をプレゼントしてくれました。でも、なかなか上達もせずに時間だけが過ぎました。特選句「帰る場所探す鳥たち二月二十日」。さて、忙しい合間に俳句ならできるのではないかという単純な考えで俳句を 作っていました。自己表現の自己満足です。金子兜太がいなくなった今、自分が何をしたかったのか、何をするべきか考えて、それぞれの場所に帰っていくのもいいかもしれません。その場所は文学ではないかもしれませんが、こころにはいつも詩 をもち続けて生きていきたいです。

男波 弘志

特選句「束ねないで花々ゆつくり揺れる」上5のかるい呼びかけに作者の慈悲心がみえる。口語俳句は21世紀の華になるであろう。「錆釘の黙が匂えり花の夜」美しいものだけが、きらめくわけではない。美の本体には暗黒が深く拘わって いる。「春の雪闇の歪みをつたうかな」闇の歪みを見付けたのは、雪、自身であろう。おそろしい意思がはたらいている。「帰る場所探す鳥たち二月二十日」みんながいづれかえる 場所 まだ そこは みつからないで いい 場所。「ひとり漕 ぐぶらんこ鉄の匂ひけり」詠嘆、けり、がこの場合、匂い、をぼわっとひろげてしまっている。「漕ぎだしてぶらんこ鉄の匂いする」とする手もある。「消えぬものたくさん残し冬の虹」一刹那に一切、がある、華厳経に、そう書いてある。「兜太 逝き梅遅く咲き長く咲く」ふしぎな存在感、師弟の交歓が終わっていない証だろう。「春の雷棺にありてえくぼの子」悲しい死を、即物で投げ出している、強靭な精神。「かなしいときはかなしみを主とせよ」「風遊ぶところ葉脈すきとほる」見事 な写実、詩情抜群、更に、遊ぶ、を描写で突き詰めることもできるが、どうであろうか。

大西 健司

特選句「さかなになったばかりで春月」何とも不思議な一句。お魚になった私。そこには春の月の光が差している。どこか物憂い感覚だろうか。シュールな絵画を見ているようだ。

竹本  仰

特選句「春の雪闇の歪みをつたうかな」いきなり季節の境に降るドカ雪か、それが心にしみるということでしょう。なぜなら、そこに呑み込めぬことの多かった青春、自分の過去が映し出されていたからでしょう。闇を歪みととらえた、何が しかの時間の重みを感じさせます。自画像というか、自分と向き合った感触があるなあと思いました。特選句「消えぬものたくさん残し冬の虹」はじめ震災か、原発事故のことか詠んだ句かと思いましたが、いやいや消えぬものとは尽きせぬ思いを あらわし、むしろ永久の思いというか、そこまで感じます。冷たい雨の、その雨上がりにぬっとしかしはっきり顔を見せる一瞬の虹だからこそ、忘れていた何ものかを、虚を突くようにはっと見せに来るのでしょう。忘れられないものの多さ、しか もそれは一瞬でしか現れず、それを受けとめずには「生」とは言いがたい、そんな襟を正した思いというのでしょうか。特選句「よく眠り夢の春野に逢いにゆく」師の〈よく眠る夢の枯野が青むまで〉、弟子としてうまく付け合いをしたのではない かと。師はおそらく、芭蕉の〈旅に病んで夢は枯野をかけめぐる〉へ添えたものではなかったかと推測するのですが、連衆のこころというか、よく眠ればいつか必ず師に逢えるという、そんな季節をいただいたんだという感謝でしょうか。晶子〈な にとなく君に待たるるここちして出でし花野の夕月夜かな〉の「君に待たるるここち」、そんな思いを感じました。特選句「春浅し地球の重しひとつ減る」死をそうとらえること、それが故人に対するすぐれた弔意かなと思いました。そんなに悲し まなくていい、きっと亡くなる方はそう思うでしょうし、そんな声を素直に受け取ったのではないかと、かたじけなく一杯の水をおしいただいているその質素を感じました。これもよく出来た〈よく眠る〉の句への匂い付けのように感じました。以 上です。おい、おれのことばっかり詠むんじゃないと、師に怒られそうな今回の投句でありましたが、きっとお悦びだろうと思います、まあ、冥利だがな、とも聞こえるようで。皆さん、今後ともよろしくお願いいたします。

谷  孝江

一度も、お目にかかったことの無い兜太師ですが、私の中では大きな存在でした。師の訃報を知った時、胸の中を先ず過ぎったのは「けしからん」という思いでした。まだ逝かれては困ります。決して己を見失う事無く生きられたことは大き いです。海程皆様どうか先生の足跡をしっかりとお守りいただき、お心差しをつないで行って下さい。特選にいただいた「春落日金子兜太の大笑す」は、そのまま師のお姿が見えてきます。ご冥福をお祈り申し上げます。

寺町志津子

特選句「梅咲くや残されし我ら遺児のごと」 誰もが決して信じたくない兜太先生のご逝去。朝日新聞をはじめ多くの新聞紙上で、また各地の句会で師を忍んでの追悼句が詠まれており、いずれの句も兜太先生の面影がよぎり、哀しみを深く している。特選にとらせて頂いた掲句の「残されし我ら遺児のごと」に、この思いは、正しく「遺児なのだ」と心から共鳴、共感しました。計り知れないほどスケールが大きく、厳父であり、慈父であった兜太先生の遺児である私達。兜太先生のご 縁を頂いた幸せに感謝しながら、心から兜太先生のご冥福をお祈り申し上げます。

重松 敬子

特選句「ぶらんこや天にも地にも兜太の眼」特選句「残照はずっと暖か大火炎」特選句「春落日金子兜太の大笑す」さすがに追悼句が多く、皆さんの先生に対する気持ちが伝わって来ます。特にこの3句は、先生の個性を上手く捉え、良い俳 句に仕上がっていると思います。心より御冥福をお祈り申し上げます。

鈴木 幸江

特選句「兜太逝くオオカミ唸るよく来たな」現代では、死後の世界はとても個人性の強いものとなっている。作者は、兜太師は唸るオオカミに待っていたよと迎え入れらたのだと想像している。人間ではなく、今、オオカミに迎えられている 師の姿に私は何故か深い安堵を感じた。私も、死んだら、来世では、今一緒に暮らしている雄の柴犬と夫婦になってみたいとこの句に思わされた。問題句「『身世打鈴』の表紙は指紋斑雪」まず、「身世打(シンセタ)鈴(リョン)」が分からず問題句 とした。インターネットで調べだ結果だが、韓国語で、この世の不運を嘆き恨(ハン)を解こうとする身の上話のこととあり、そして、本の題名で、表紙は指紋であった。日本では、1993年まで、在日の方は、指紋押捺を義務とする法律があった 。斑雪から、それは、恨の氷山の一角のように俳句表現として伝わってくる。この気持ちは是非受け止めておきたくいただいた。最後に、素晴らしい春吟行、幹事の中野様、世話役の野﨑様、ありがとうございました。

中村 セミ

特選句「多感な粘土翼幾つも春少女」言葉の並べ方が面白い。特に多感な粘土は作者が何を思いこう書いたのかー粘土細工をして色々な物を作りましたーという見解では絶対によくないので断っておきます。只読者の勝手で色々思えるところ が抽象画のようで面白いと思った。

松本 勇二

特選句「バーガーのオニオン多め春セーター」作者の溌剌とした感性が伝わってきます。問題句「朧ごと月吸い込んで祈ります」春の夜の昂揚感がうまく書かれています。中七を「月を吸い込み」にすれば一層すっきりと読めるのではと思わ れます。

三好つや子

特選句「魚になったばかりで春の月」 春の月という座五から受精卵を想像。細胞分裂を繰り返し、人間に近づいていく「一つの生命体」が、いま魚の時代を旅している・・・。生命誕生の神秘的なドラマを見るようです。特選句「啓蟄より 少し長めの舌である」あくびを噛み殺しつつ、穴から出てきた蛇の舌。あるいは、春の陽気のせいで戯言をこぼす舌なのか。いろいろ想像できる楽しい句。入選句「兜太死んでながいひぐれをおいてった」金子兜太主宰をめぐる、たくさんの追悼句 の中で、もっとも心に刺さりました。

新野 祐子

特選句「春浅し地球の重しひとつ減る」反戦を訴え、きまりにとらわれない自由な俳句を提唱し謳歌した兜太先生。兜太先生ほどの俳句界の重鎮はこれまでもこれからもいないのではないでしょうか。「地球の重し」とは、なるほどなぁ、う まいなぁと思いました。入選句「思い切り人生未知数春卵」:「人生未知数」は普通に言うけれど、「思い切り」と「春卵」との組み合わせで、とてもすがすがしい若者の姿が現れます。入選句「春の水生きとし生けるもの楽器」これも中七は常套 句で平凡ですが、「楽器」がいいですね。これは演奏する楽器ではなく、楽しき器と解釈したいです。

河田 清峰

特選句「春落日金子兜太の大笑す」春がよく似合う先生の落日が春で良かったなと思う…先生をよくしっている人柄がでた句だと思う。大笑すが実に気持ちいい。「猪がきて空気を食べる春の峠」を思わせるゆったり感が大きくひろがってい る!

田口  浩

特選句「兜太逝き梅遅く咲き永く咲く」ここ最近、金子兜太追悼吟を、多く拝見する機会を得た。その中でこの作品のネンゴロな哀悼に感じいった。梅と言えば〈梅咲いて庭中に青鮫が来ている〉であろう。そこをふまえて〈梅遅く咲き永く 咲く〉とさらりと流している。九十八歳だったときく。巨人の一生を詠みきって見事であろう。    

中西 裕子

特選句「師の骨の真白く太し風花す」師の骨は清らかに白く、そして芯の太さ、生き方のように太かった。風花も舞って悼んでいるようです。それぞれ皆さんのお別れの気持ちが読まれていてどの句も心打たれました。

小宮 豊和

問題句「朧ごと月吸い込んで祈ります」下五「祈ります」が句を平凡にしていると思う。句稿からいくつか下五を借りてきて置き換えてみても一応句にはなるし句も変る。たとえば「花は葉に」「旅鞄」「春セーター」「しやぼんだま」「鳥 帰る「(鳥雲にを変えて)」「忘れもの」「影失くす」など。上五、中七は生かすに値するフレーズと思う。作者の独創的下五に逢いたい。

田中 怜子

特選句「兜太逝き蒼天に吠える群猪」亡くなったことの寂しさと共に、それを乗り越える強さ、雄々しさもあり、蒼い空にむかって吠える狼と言いたいけど、イノシシね、映像が目に浮かびますが、イノシシなのでどろくささもありますね。 問題句「『身世打鈴』の表紙は指紋斑雪」ようわかりません。

疋田恵美子

特選句「思い切り人生未知数春卵」生れて、死に至るまでの人生って自分にも分らない。日々これで良いと前進のみ。ざわめく日本列島、地球すべて未知数。生きる物全てが幸にいのちを真っ当できるよう、歴史に学び美しい地球を守ること の大切さを思う。特選句「ぼくと地球とタンポポの独り言」美しい地球に生かされてこそ、言葉あり。

伊藤  幸

特選句「干柿しゃぶり尽く老骨春機あれ」干し柿をしゃぶり尽くす程の精気が老骨といえどまだまだ残っている。男も女も灰になるまで男であり女なのです。「春機あれ!」と心からエールを送ります。

高橋 晴子

特選句「春落日金子兜太の大笑す」兜太師の追悼の句で、この句が一番好きだった。何故だろうと思った。人の生に対するある種の諦観と見事に生ききった九十八歳という年齢。じめじめしない性格。春落日とよくあって、あの笑顔と少した たわしい話し方まで、いとおしいまでに感じさせてくれるいい句だ。問題句「雪よ降れヒンズークシュの水甕へ」私が行った時は三月、ヒンズークシュもコヒババ山脈も見事な雪嶺だったが、ここも十年程?は天候異変で涸れきって耕地だったとこ ろも砂漠化して、中村哲さんも医療より水路を作るのに懸命であるきく。洪水と乾燥と爆撃。水さえあれば緑の畑になり難民も帰って幸せにすごせる。この句よくわかるのだが〝水甕へ〟では無理があり惜しい句。

先日は、小豆島吟行で大変お世話になりました。いい天気で楽しかった!俳句にかける男共の熱意、昔の「寒雷」を思い出して大いにハッパをかけられた感。憲子さん佑海さんにも、すっかりお世話になりました。いい仲間です。今後とも、よろ しく!

銀   次

今月の誤読●「遺失物ひとつに恋や蝶の舞ふ」。「遺失物」とはいうまでもなく忘れ物や落とし物のことだ。うっかり者のわたしなどは年中この手のトラブルに巻き込まれている。だから傘などは高価なものは買わないし、スペアキーは玄関 マットの下に常備している。まあ、こうしたモノはなくなったらなくなったでどうにかなるものだが、人の名前や約束などを遺失したときはわれながら情けなくなってしまう。先日も町中で声をかけられたことがある。だが相手がだれかがどうにも 思い出せない。適当にハナシをあわせて、じゃあ、と別れたら、翌週の飲み会でその〈相手〉が隣に坐っていたなんて笑えない笑い話もある。そこで「ひとつに恋や」ということになるが、これはどちらかというと忘れ物ではなく落とし物というこ とになるだろう。落としたなあこれも、高校でふたつ、東京でみっつなどと歌謡曲の歌詞のようだが、ポロポロポロポロとあっちこっちで落として半生を生きてきた。そこで学んだのは、落とした恋は拾いに戻ってはならないということだ。ことに 若いころの恋はふたたび手に取ると残酷なほどの幻滅に見舞われる。むろん相手もそうだろう。こんなつまんないオトコとなんでつきあってたんだろう。まあ、そこんとこはお互いさまだ。再会というのは決して美しいだけの言葉ではない。〈恋〉 という錯覚を確認させる行為でもある。少なくともわたしの数少ない経験としてはそうだ。落とした恋はただ春のおぼろと思し召せ。「蝶の舞ふ」ごと夢まぼろしのなかにしか存在しないのだから。

桂  凛火

特選句「錆釘の黙が匂えり花の夜」錆釘の匂いってなつかしい気がするなと思いました。兜太先生が逝き、義母が逝き、花の季節が近づくのも物憂いように過ごしている今の私の気持ちに優しく寄り添ってくれるような句でした。「錆釘の黙 」という表現素敵でした。

亀山祐美子

このたびは、海程の皆様さまにはお心落としのことと存じます。第82回の投句にもその切なさ無念さが色濃く投影され心苦しいばかりです。特選句『兜太逝く花の秩父を目前に』「兜太逝く」の「逝く」が生過ぎるのだが、それ以外の言葉 が見つからない程打ちのめされたのだろう。兜太師の年齢、入院を考慮しつつも、次回の大会での再会を祈念し不安をやり過ごす日々に終止符が打たれた。遂に…。せめて満開の桜を愛でて頂きたかった。滲む寂寥感。小豆島追悼句会で皆さまのお 話を拝聴し、とてもとても大きな、愛情豊かな方だったようですね。残念なことです。この無念さを乗り越えるには俳句で繋がり続けるしかない。歩くしかない。

野田 信章

特選句「春場所のスクリーン金子兜太が居るよ」このたびの兜太師の逝去に対しては各自の立場からそれぞれの追悼句が生れている。それぞれに意義あることである。その上でこの句に注目したのは、一気呵成の句作と相撲には、土俵・呼吸 を合せる立合い・取組みなど、最短定型詩との取組みとその精髄において重なるなぁと、「春場所」のテレビを見ながら思いを強くもったからでもある。そこに兜太作品の数々の句、俳句思想やその時々の語録など重ねながら、肉体相撃つ春の本場 所を鑑賞している次第である。

河野 志保

特選句「帰る場所探す鳥たち二月二十日」 鳥の姿に、師の訃報を知った自らの気持ちを重ねた句と受け止めた。的確な表現でまっすぐ届いた。金子先生は多くの人にとって「帰る場所」だったと思う。

菅原 春み

特選句「地虫出づ多数決を覆し」兜太先生の危惧しておられた民主主義も  怪しくなっている。季語との取り合わせが秀逸。特選句「兜太逝き蒼天に吠える群猪」先生の逝去にみんな戸惑い、たじろいでいる様子をよくここまで描けたかと 。

藤田 乙女

特選句「春落日金子兜太の大笑す」生死を越えて金子先生の偉大さを実感します。特選句「兜太逝く花の秩父を目前に」しみじみと金子先生ご逝去の悲しみが伝わってきます。

豊原 清明

特選句「『アベ政治を許さない』師は逝きたまう」先生の追悼句。先生の発言の力と、それを思う弟子の姿。師弟の絆の一句。問題句「錆釘の黙が匂えり花の夜」: 「錆釘の黙」が観念的。一句に貫く暗さに独特の味わいがある。魅力があ る。

野﨑 憲子

特選句「ははははは ははははなれて 花は葉に」先ず表記の斬新さに惹かれた。何度も繰り返し読んでいると、一字空けの余白から「は」音が光りの言の葉となり降り注いでくる。時間の経過も見事である。特選句「春に逝くとは永遠を春 に棲む」兜太先生は、私にとって二つのイメージがある。ひとつは、太陽であり、あと一つは、晩春の風である。駘蕩とした何もかもを温かく包んでくれる存在である。先生は、その春が来るのを待っていたように他界された。「太陽の白骨噛る佐 保姫よ」は、葬儀に参列できなかった私の拙い句である。先生は、空海がお好きであった。遍く照らす春日のように、これからも他界、すなわち「いのちの空間」から見守っていてくださると確く信じている。

(一部省略、原文通り)

「海程」香川句会小豆島吟行作品集     

IMG_2168.jpg
2018年3月17日~18日
放哉の巡りし迷路春の咳 
銀   次
海光やどの感覚もあめんぼう
男波 弘志
ばっかだなあ恋猫やせてアリナミン
田中  孝
鷹化してオリーブの樹は千歳経し
野澤 隆夫
迷路が沈み海月が電気つける
中村 セミ
春障子人間辞める窓がある
鈴木 幸江
オリーブのごつごつ波うつ幹を撫で
田中 怜子
梅白し「先に逝くな」は師の呟き
野田 信章
鳥雲に反戦諭す分教場
増田 天志
春の鳶一羽が統べる一岬
高橋 晴子
暇を皺に聞き違ふては春の島
藤川 宏樹
せんせあそぼ桜の丘を縄電車 
河田 清峰
おーいおーい三月の海渡りけり
三枝みずほ
梅にウグイス教育の原点である
中野 佑海
初音聴く醪(もろみ)の匂ふ漁師町
島田 章平
春ショール肩寄せ合いて昴星
久保カズ子
兜太晴れ初音は海へこぼれ落つ
亀山祐美子
水母はいいなあこいつは宙を知ってるよ
田口  浩
空海の兜太の影よ初蝶来
野﨑 憲子

【句会メモ】

17、18日と、小豆島で1泊吟行句会を開催しました。前日までの悪天候が嘘のような快晴の2日間でした。晴れ男だった金子兜太先生を間近に感じ、「兜太晴れ」を実感しました。参加者は、19名。老若男女、遠来の参加者も有り、作品もますます多様性を帯び魅力いっぱいでした。吟行では、スペインから移植されたオリーブの千年樹の、小豆島の地にどっしりと根を張った姿に感嘆し、宿舎の晩餐会場から観た落日の美しさに、あちこちから感嘆の声が挙がりました。夕食後の1次句会では、吟行した、尾崎放哉記念館や、迷路の佳句もたくさん詠まれていました。

2日目の映画村では、戦後間もなくを再現した映画セットの椅子に腰かけ「二十四の瞳」の紙芝居を見ました。壺井栄の資料館では、栄と繁治の生活史に2人をより身近に感じました。また、映画化された彼女の作品が、「二十四の瞳」だけでなく、たくさんあったことも知りました.集合時間が来て、高峰秀子主演の「二十四の瞳」の映画鑑賞を中断しなければならなかった田中孝さんの残念そうな顔が印象的でした。・・出発ぎりぎりまで上映館にいらした田中さんは写真撮影に間に合わず写真は「十八の瞳」です。悪しからず・・。

映画村から渡し舟に乗り、昼食会場へ移動し、昼食後そのまま第2次句会を開きました。2回の句会で、各自10句を創り、その中の1人1句を、私が抄出させて頂きました。 先に小豆島に渡り吟行の準備をしてくださり、吟行地や、宿舎、句会場、そして移動のマイクロバスなど、素晴らしい企画と行動力で充実した吟行会を演出してくださった名幹事の中野佑海さんに心より感謝申し上げます。

2018年3月2日 (金)

第81回「海程」香川句会(2018.02.17)

灯台と水仙.jpg

事前投句参加者の一句

      
灯台をのたり巨船や黄水仙 藤川 宏樹
Me Tooの胸の白バラ冴返る 島田 章平
冬蝶嗅ぐ母の日溜まりありにけり 小西 瞬夏
雪しずり骨より声の出ずる刻 新野 祐子
古書店へ入る春雪と赤い靴 谷  孝江
雪つもる全ての色を否定する 山内  聡
山笑う駆け落ちものを匿(かくま)いて 鈴木 幸江
寝かされている大根の色香かな 寺町志津子
にんげんをぽたぽた落ちてみな魚 男波 弘志
水仙を並んで見ている鳥たちよ 中西 裕子
肉体はやわらかき枷冬薔薇 月野ぽぽな
誰が知らぬ咳だけがゆく真夜の道 野口思づゑ
与兵衛どの丸太冷とうござります 増田 天志
<農業国オランダ>小指ほどの人参スナックのように食べ 田中 怜子
しずり雪母だんだんに白い闇 桂  凛火
石光る汚るるものに梅の花 河田 清峰
朝食に訪う目白母なりき 疋田恵美子
ポップコーン弾けて遊べ冬の子よ 銀   次
色気無きかぐや姫なり妻に雪 中野 佑海
春の海辺の巻き貝は巻き貝だ 田口  浩
待ちに待ったお日さまですねクロッカス 髙木 繁子
既視感を感じる氷に舌つける 中村 セミ
二・二六の章読み返す『小暗い森』 野澤 隆夫
虎落笛石牟礼道子連れて行き 夏谷 胡桃
立春大吉大言壮語はばからず 高橋 晴子
蕗の薹体内蕗時計狂いけり 漆原 義典
南に原発田鶴鳴き渡る初御空 野田 信章
まんさくやまつらふことのなき土塁 小宮 豊和
薄氷を踏むは人欺くに似る 柴田 清子
春立や水に浮かびし絹豆腐 菅原 春み
九条はサンドバッグじゃないぞ諸君 稲葉 千尋
ときにダンスを十二月八日の猫 大西 健司
忘却や不意に風花不意に父 松本 勇二
涅槃雪ひげうっすらと妻の口 三好つや子
湖にしづかな呼吸初蝶来 三枝みずほ
自鳴琴(オルゴール)柩と唱和はじめます 矢野千代子
やはらかにすべて受け入れ春立ちぬ 藤田 乙女
幾年も震えて立ちぬ春の山 豊原 清明
丹波黒一粒欠けていて二人 重松 敬子
溺れ易き性沈めたる柚子湯かな 竹本  仰
シクラメンわたしの中の怖い他人 伊藤  幸
婦人雑誌の付録は春のたてがみを 若森 京子
きしきしに痩せしさぬきの雪だるま 亀山祐美子
老いこそ力天地を統べる大野火よ 野﨑 憲子

句会の窓

小西 瞬夏

特選句「婦人雑誌の付録は春のたてがみを」俳句のあたらしさ。一句一章、口語使いを逆手にとって、ねじれやふくらみを持たせている。春のいきいきとした命を感じさせつつもどこか作り物っぽさが現実をうまく皮肉っている。

島田 章平

特選句「伊豆湾の波高き日や金槐忌」。掲句、見事な立句。季語が動かない。春浅い伊豆湾。悲運の武将、源実朝の悲痛な声が聞こえる。問題句「久しぶりに友と語りし鶯餅」。「語りし」ではなく「語りぬ」とした方が・・。鶯餅の季語の響きが良い。「農業国オランダ 小指ほどの人参スナックのように食べ」。前書きがいらないのでは・・。作者の思い入れはあると思うが、句はつくられた時に作者を離れる。どの地で詠まれたかは、読者の想像の世界に委ねた方が良いのでは。「ガリバー旅行記」を思わせる様なファンタジーな句。

中野 佑海

特選句「ときにダンスを十二月八日の猫」太平洋戦争開戦の日の事でしょうか?今は猫になっている日本も時にはダンスを色々な国を相手にやるべきことはきちんとやる必要あり!との怪気炎をぶちあげて下さっているのだと思います。戦争ではなく、微笑み外交でもなく。言うべき事は言い、為すべき事はちゃんとする。大人の基本です。特選句「溺れ易き性沈めたる柚子湯かな」うって変わってこのいい加減さが心地良いですね!溺れ易い私です。すぐ易きに流れ、ぬるま湯に身をおく気安さ。決して、小平奈緒とはお近づきになれません。主人にこんなぬるい風呂で風邪引かないかと言われます。柚子湯は飲んでも、入っても最高です。ぶっちぎりで人間界を楽しんでいます!3月は楽しい野外活動ですね!皆様とまた、どんな句会が出来るか楽しみです。どうぞ宜しくお願いいたします。

稲葉 千尋

特選句「虎落笛石牟礼道子連れて行き」やはり今回はこの句でしょう。石牟礼道子さんを悼、この一句を思い出す。「祈るべき天とおもえど天の病む」

増田 天志

特選句「にんげんをぽたぽた落ちてみな魚」にんげんを離れることにより、水玉は、生命を蘇生する。否、水玉は、生命そのものかも知れない。にんげんへの讃歌なのか、怨歌なのか。

田中 怜子

特選句「虎落笛石牟礼道子連れて行き」水俣のことを伝え続けた石牟礼さんに敬意とともに、引き続き伝え続けることを心にとめて。特選句「伊豆湾の波高き日や金槐忌」実朝の心情に思いを馳せて

豊原 清明

問題句『「役に立つ」にんげんふやし桜の芽』社会風刺の句と見た。「役に立つ」にんげん という表記と、役に立たない私が、ひがむかのような感情に落とす、暗い句だと思う、読者の私に誤読があるのだろう。特選句「九条はサンドバッグじゃないぞ諸君」 社会批判の句と思う。良く言えたと思う。面白く言っていて、好いと思う。鋭く感じた、一句。

藤川 宏樹

特選句「にんげんをぽたぽた落ちてみな魚」初見で見落としましたが、「にんげん」が地位・名誉・財産にしがみついても、「みな」平等に、進化・成長の過程で過ごした「魚」に「ぽたぽた」と落ちるという、奥行きある句です。

田口  浩

特選句「さかなになるひとにんげんでいるひと薄氷」人間は母胎に入り、誕生して死ぬまでに、生物個々の歴史をくりかえすという。句の場合、人間を魚に変えることは、神の意志でも無理であろう。それが出来るのは、ただ作者の「思い」である。と同時に〈薄氷〉であろう。この場面から、人間が薄氷に閉じこめられているところを想像する。薄氷を破ぶってガバッと起きあがる人。魚に変化する人。 私には、尾鰭を巧みに使って、スウーと深みに消えていく魚が見える。つまり人が、魚に変化することへの思いである。そう見れば、近頃はまっている「カミ」の世界が重なり懐しく思えてくる。特選とした所以である。

山内  聡

特選句「ふりむけばいつもの景色しやぼん玉」子供がシャボン玉を吹いている。シャボン玉のゆくえを眺めていて当たり前のことに気づく。変わらないいつもの景色に安堵感を覚えるのと同時に子供が育っていく日々の変化にも安堵感を感じている、のかな。

矢野千代子

特選句「さかなになるひとにんげんでいるひと薄氷」魚になるのも自由ですが人間でいるのも良いですよ、と上章が活きいきと迫り「薄氷」へのイメージがふくらみを増してくる。なによりも効果抜群のひらがな表記だろう。

男波 弘志

特選句「春の海辺の巻貝は巻貝だ」俳句の表現を畢らせることは、なにも言わないこと、母音、あ、を、17音に、一字に、凝集すること、ここに莞爾たり。「冬蝶嗅ぐ母の日溜まりありにけり」匂いなき、冬蝶、それはもう日溜まりのみを、母、のみ、を嗅いでいるのだろう。「雪しずり骨より声の出ずる刻」情緒なき、雪の嵩、雪国は雪を情緒として見ていない、そこに風土のしたたかさがある。「雪つもる全ての色を否定する」雪一色、雪五尺、単に覆っているのではなく、圧殺する色、雪国。『「役に立つつ」にんげんふやし桜の芽』役に立つ、政治的ではなく、経済的ではなく、只只隣の人の為に。「血のごとくけもののごとく春の泥」泥のうねり、轍、靴あと、生き物の痕跡が照り映えている。「芽明りや河原の石を積み崩し」奔騰する芽吹き、河原の石さへも崩れている。「石光る汚るるものに梅の花」汚れるもの、滅びるもの、そのいのちを讃えるひかり、石が臨終している。「町の音してをり春の氷あり」俳句表現の精髄、省略、ではなく、凝縮、それが俳句、町の音に凝縮されている。「涅槃雪ひげうっすらと妻の口」芭蕉も西行も、敢えて「生活最底辺」へ下った。その意味をはっきり知るべきであろう、美もまたしかり、生身の最底辺、それが俳諧。「やはらかにすべて受け入れ春立ちぬ」すべて、とは、と思う、が、仏教思想の空無、なら、それが叶う。

三好つや子

特選句「手探りの母性たんぽぽ手渡され」赤ん坊と日々向き合い、ヒヤッとしたり、ホッとしたり、を繰り返しながら、成長していくお母さんに、エールを送りたくなる作品。特選句「肉体はやわらかき枷冬薔薇」 気持ちばかりが一人歩きし、思ように動けない老いのからだをもてあましている作者に共感。冬薔薇が効いています。入選句「冬の蝶アンネの呼吸ひそやかに」座五がすこし気になりますが、本棚のうしろで息をひそめ、多感な少女時代を過ごしたアンネと、冬蝶がみごとに響き合い、感動しました。

野澤 隆夫

特選句「虎落笛石牟礼道子連れて行き」2月初旬、石牟礼さんが逝去され、朝日新聞に池澤夏樹さんが文章を載せてました。〝苦界浄土〟はドキュメントの話で文学だったということを初めて知りました。一度は読んでおかなくってはと、句会の日にJR高松の熊沢書店で買って今読んでます。特選句「九条はサンドバッグじゃないぞ諸君」〝サンドバッグ〟のごとくぶたれる〝九条〟に対する作者の憤りが何とも痛快です。〝諸君〟と呼びかけて。

若森 京子

特選句「山笑う駆け落ちものを匿いて」駆け込み寺もあるが、もっと大きな大自然が人間の様々な喜怒哀楽を包みこんでくれる。偉大な懐の様なものを感じた。特選句「涅槃雪ひげうっすらと妻の口」年輪を重ねた夫婦の絆の様なものを感じる。涅槃雪に季語が大変効いている。

新野 祐子

特選句「古書店へ入る春雪と赤い靴」古書店という知の迷宮に、降る先から消えていく春の雪と、存在感があるようでない赤い靴を履いた人が、シュールで鮮やかな映像が浮かび上がります。特選句「Me Tooの胸の白バラ冴返る」昨年大きな話題となったアメリカの「沈黙をやぶった人たち」。女性たちが性暴力を告発し、加害者には社会的な制裁が課されました。日本では伊藤詩織さんが勇気を奮って裁判に訴えたのに、セカンドレイプのような情況になっています。日本のこの男尊女卑の根深さよ・・・。時事問題にアンテナを張って一句に仕立て上げた作者に拍手。問題句「さかなになるひとにんげんでいるひと薄氷」おもしろい句。さかなになるひとと、にんげんでいるひととの紙一重の差は何なのか聞きたいです。入選句「寝かされている大根の色香かな」今昔物語に蕪に欲情した男が出てきますが、大根にも?「降る雪や苦海浄土に華一輪」今月一日、石牟礼道子さんか他界。哀悼句として胸に沁みます。俳人でもあった石牟礼さん、「けし一輪」「花れんげ一輪」などの句がありますね。「ひとつマフラー二人して心中沙汰」恋する二人の脳の中にはドーパミンがガンガン増えていて、死ぬどころではないと思うのですが?

今朝早朝ラジオをつけた途端、兜太先生が亡くなったと耳に飛び込んできました。寝ぼけていて聞き間違えたと思いたかったけれど。この悲しみ、何と表現したらいいのか。皆様、ご同様のことと・・・。

夏谷 胡桃

特選句「にんげんをぽたぽた落ちてみな魚」。意味はよくわからないのですが、勝手に解釈しています。人間は魚からやり直したほうがいいいと。嘘と兵器と憎しみで充満しそうな地球に窒息して海に逃げ込むのでしょうか。でも、歴史は繰り返す。魚からはじめたところで、同じことの繰り返しかもしれません。特選「バレンタインデー息を切らして坂登る」。好きな子にチョコレイトをあげたくて走っているのでしょうか。背中は見つけても駆け寄ってはいけないのかも。今ではバレンタインデーも様変わりして、あまり男の子にあげないようですね。なつかしい感じがしてとりました。

金子兜太にラブレーターを送るように毎月俳句を送っていました。送る相手がいなくなって、覚悟はしていましたが呆然としています。

松本 勇二

特選句「さかなになるひとにんげんでいるひと薄氷」虚構ではありますが実感がありました。問題句「溺れ易き性沈めたる柚子湯かな」感覚の効いた佳句ですが、中7を「性を沈める」とした方がスムーズに読みになるのではと思います。

鈴木 幸江

特選句「一日一生枯芝蹴って逆上がり」一日を一生と思い、一心に生きてみたいものだとは常々思っている。でも、どうやたらそんな気持ちになるほどの気合を入れられるのか分からないでいた。 この作者は、枯芝を蹴って逆上がりをする気合があれば出来ると教えてくれた。ありがたい。特選句「丹波黒一粒欠けていて二人」勝手な解釈を楽しませていただいた。黒豆の煮物の一粒が欠けていたのだ。何故かと思いを巡らせばそれなりの理屈は見つかるだろうが、何故かもやもやしたのだ。二人とは、夫婦のこと。この関係も訳が分からずもやもやしているのが現代。もやもや感は、現代社会への警告も含んでいる。そのもやもや感を大切に扱かった一句として頂いた。問題句「まんさくやまつらふことのなき土塁」“まつらふ”とは服従すること。“土塁”とは土を盛り上げて築いた小さなとりでのこと。どちらも、辞書のお世話になった。具体的表現で高い志を感じさせる一句なのだが、何か物足りなさがあって問題句とした。まんさくに儚さも感じられ、忘れてはならない歴史的事実もそこから思われ惹かれもしたのだが、何故か残念感が残った。

最後に、兜太先生が、亡くなられた。来る日が来たのだと思っている。あの世からも欲しい兜太選である。晩年は生きていることが自分の存在意義であるようなことをおっしゃっていらした。わたしには、到底手の届かない境地である。わたしはと言えば、混沌とした現代を生きている証として、いつも、もやもやを感じている。そして、それを大切に扱っていこうと覚悟をした次第である。

河田 清峰

金子兜太先生を悼む…私を朝日俳壇で見いだし導いて道筋をつけて頂きありがとうございました。特選句「溺れ易き性沈めたる柚子湯かな」大切な人を亡くした今詠みなおしてみると哀しみを鎮めている気持ちになるから不思議な気がします!柚子湯の季語が生きたいい句だと思います!

野口思づゑ

特選句「凍つる背に唇這わせ生きんとす」生きることに対する執着の強さを芸術的なエロティシズムの光景でよく表わされていると思った。「卒業式ただいまと言ふこの一瞬」卒業式を終え、ただいまと家に帰ってきた、この瞬間に完全に学生生活が終わったのですね。「春立や水に浮かびし絹豆腐」透明な水に浮かぶ絹豆腐が目に浮かびます。

大西 健司

特選句「婦人雑誌の付録は風のたてがみを」私は「たてがみを」の「を」を勝手に省いていただいた。「風のたてがみ」と言い切りたい。婦人雑誌のさまざまな付録のひとつに風のたてがみがある、そんな楽しさを評価したい。問題句「与兵衛どの丸太冷とうござります」遊び心が一杯で好きな句だが、作者の作為が見え過ぎかな。面白すぎるあざとさを少し思う。

重松 敬子

先生の訃報に接し,様々なこと思い出しています。とうとうお目にかかれずじまいでしたが,句誌を通じて多くを学ばせていただきました。天寿とは言え残念です。特選句「寝かされている大根の色香かな」大根を肉感的にとらえた面白さ。昔から大根足などと白く堂々とした太さを健康的な人体にたとえられ,殊更新しい題材ではないが,上手く一句に仕上げていると思う。

伊藤  幸

特選句「初蝶の白きを重ねここより野」兜太大師の「よく眠る夢の枯野が青むまで」を思い出した。こういう句を読むと兜太先生を思わずにおられない。めでたき句であるというに申し訳ない。見方によってはある意味追悼句ともいえる。兜太先生よく頑張って来られました。ゆっくり休んで下さい。

三枝みずほ

特選句「おさんどんがれきの中で火を燃やす」三.一一かもしれないが、一.一七のことをふと思い出し共感した。水道が使えない状況、寒い外での炊き出し、悴んで包丁を使う。外で作られるものは本当に限られている。それが何日も続く。それでも、おさんどんの火は命と繋がっている。問題句「うららかや雛を皺と間違える」雛人形を間違えて皺人形としたと推察。他にも何か季語が見つかりそうな面白い句。

漆原 義典

特選句「寝かされている大根の色香かな」我が家で畑で大根を植えていますが、いままで大根に色気は感じたことがなかったです。地面から抜いて畑に置いた状態の大根を寝かされていると表現し、色気を感じる作者の感性に感心しました。 金子兜太先生がおなくなりになりました。報道を見て驚きました。ご冥福をお祈りします。

中西 裕子

特選句「忘却や不意に風花不意に父」おもいがけずいきなり風花が吹きつける、忘れていた父の思い出がよみがえるなにか切ない気持ちになる句でした。高齢の父がいるせいでしょうか。まだまだ寒い季節ですが春の句もあり暖かい気持ちになりました。

銀   次

今月の誤読●「さかなになるひとにんげんでいるひと薄氷」怖いですね。怖い怖いお話しですね。なんといっても「薄氷」ですからね。これを踏んで池の対岸まで渡るんですね。なんでかというと、対岸まで渡ったひとには大金が手に入るからなんです。でも落ちたひとはそのまま命を落とす。なんとまあ怖ろしいギャンブルなんでしょうね。おお、怖い怖い。これに似たエピソードが、マンガの〈カイジ〉にありましたね。あれはビルとビルの間に掛け渡した鉄骨の上を歩いていくんでしたね。もちろん落ちたひとは即死です。その生き残りをかけた心理戦が見事に描かれていましたね。そして、それを大勢の大金持ちがワイン片手に笑って見てるんですね。まるで古代ローマのグラディエーター(剣闘士)の闘いを見る貴族のそれと同じです。なんという残酷。この薄氷のレースも同じですね。「さかなになるひと」というのは運悪く氷が割れて池に落ちたひとのことですね。それを作者は、さかなになるとたとえているんです。つまりは食べられるひと。一方「にんげんでいるひと」というのはまだ落ちてないひとのことなんです。このひとたちは、もしかしたら食べる側にまわるかもしれません。たとえば、いまもお他人さまの下半身事情をあげつらって、〈不倫だ不倫だ〉とお祭り騒ぎしているひとたち。このひとたちもまた、氷の割れ目に落ち、さかなになったひとのうろたえるさまを娯楽として楽しんでいる。さかなになったひとを食べてるんですね。なんて浅ましいんでしょう。にんげんって怖い動物ですね。ひとの不幸を楽しむのは古今かわらないエンターテイメントなのかもしれません。しょせん人間性ってその程度のものなんでしょうか。そんなことを考えさせられる句でした。では、さいなら、さいなら、さいなら。

寺町志津子

特選句「にんげんをぽたぽた落ちてみな魚」人間が、ぽたぽた水滴のように海に落ちて魚となって泳いでいくメタモルフォーゼ(変身)の光景が、動画のように鮮やかに浮かんだ。言葉を越えて強烈なビジュアルで迫ってくる句に引きこまれた。

疋田恵美子

特選句「歓声の宙返りする雪五輪」羽生結弦さんの見事な演技。彼の屈せぬ勇気がとても素晴らしいと思う。特選句「虎落笛石牟礼道子連れて行き」九州熊本生まれの、偉大な作家を悼む。

菅原 春み

特選句「 降る雪や苦界浄土に花一輪」 動かない降る雪という季語を得て、花一輪がいきた。ご冥福をこころより願う。特選句「猟犬の眼にまだ力ある二月」以前見た猟犬のらんらんと輝く眼が忘れられない。まだ・・・あるに舌をまいた。

竹本  仰

特選句「待ちに待ったお日さまですねクロッカス」口語体がすんなり入ってきました。誰に言っているのかは、もちろんクロッカスでしょうが、クロッカスの目の高さに下りた感じ。と同時に、クロッカスと止めたことで、クロッカスに同化した、そんなしっかりした押さえがあるなと思いました。しかも、クロッカスのあの独特の揺れ方が、余韻としてありますね。私とお日さまとクロッカス、その空間の空気感、過不足出ているんではないでしょうか。 特選句「自鳴琴柩と唱和はじめます」うーん、オルゴールの表記ではだめなんですか?オルゴールのあの不思議感、たしかに出そうと思えば、これもありかも知れませんね。ちょうど初めてオルゴールに接した人類が感ずるような、として見ればですね。お葬式で言うと、ちょうど出棺の前でしょうか、柩の故人に花をお供えします、あのタイミングで感じるあの何がしかの旋律、おやっ、どこから?なれば、やはり自鳴琴でしょうか。そして、フィルムが逆回転するような、急テンポな回想が。その故人との思いがけない邂逅があり、その一連の流れが、何か、自鳴琴と言わざるを得ないようなものに突き動かされます、そして、この時、本当に何かがはじまったのです。特選句「老いこそ力天地を統べる大野火よ」力み過ぎる、この力み感が老いの力だと、自然に出ています。大野火を高空から鷲が眺めている、そんな印象ですが、この鷲なるものはどこから遣わされたものか。よく震災の後に被災地に保育園の児が合唱しに行くと、老人は涙なしでは見られないと言います。最も新鮮な生のエネルギーが洗うからでしょうね。一方で、普段の肉・魚などの食は、死のエネルギーを取り込むその気で我々の生はめざめさせられると言えるのでしょうか。ここでの老いのエネルギーは、みはるかす、黒く燃えた大地の向こうに控える、次代を呼び込むその気なのでしょう。老いの力は、その尽きせぬ思いそのものと言っていいのでは、と思いました。問題句「芽明りや河原の石を積み崩し」この句の異様さ、おもしろく。河原の石云々は、賽の河原の、あの子らのうかばれぬ話ではないかと思い、そこへ芽明りか、何でしょう、明るいのですね。何だか、ミュージカル・賽の河原のようで。安部公房の晩年の作に『カンガルー・ノート』があった、あれもわけなく明るい晩年の感じでしたね。この句、読んで、ただ訳もなく笑えてきて仕方ありませんでした。以上です。

金子先生の訃報を聞き、昨日は何もできず、でしたが、今月の投句は、そうか、と、これが私の悼み方でしたでしょうか。いつも、仕事ではありますが、お通夜で申し上げるのは、この世での生き方はここまでですが、いま、あたらしい生き方が始まったのですということと。ありがとうを申しあげましょうということです。他に何があるというのでしょう。「海程」への残りの投句、何だか、いっそう原点への問いかけのようなそんな気がしています。皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

月野ぽぽな

特選句「涅槃雪髭うっすらと妻の口」おそらく気づくと初老を迎えた伴侶なのではないかと思った。女性のこのころは心身の変化のおおく起こる頃。ふと気づいた妻の髭。生の哀しさと愛おしさが涅槃雪により立ち上がる。

何か辛いことや悲しいことがおこった時の助けの言葉に、「それでも人生は続く」 前向きに行こう、という意味のLife goes onがあります。 今ふと思いつきました。 Life goes on, Haiku goes on!   心の中の兜太先生はあの暖かな笑顔でいらっしゃいます。

桂  凛火

特選句「春立や水に浮かびし絹豆腐」春の季節感を水に浮かぶ絹豆腐としたところが新鮮でした 古今集を下敷きにしているのでしょうか?大胆ですっきりした句の姿に心惹かれました。問題句「ときにダンスを十二月八日の猫」:「時にダンスを」がおもしろくていただきました。でも私がダンスを踊る?それとも猫が時にダンスをなんでしょうか・・。12月8日の猫は意味深長 で、挑発的ですがやはりちょっと意味が把握しにくいと思いました。

谷  孝江

毎回のことながら句稿の届く度、どうしようと楽しいこと半分、従いてゆけそうもない世界へ入ってゆく怖さ半分、己を励ましながらの選句させてもらっています。特選句「ポップコーン弾けて遊べ冬の子よ」「手探りの母性たんぽぽ手渡され」優しい言葉の中から深い味わいを感じました。途惑いながらの子育ての中の一コマと思われます。母と子の日常のやさしさが好きです。私はかって俳句は言葉はやさしく思いは深くと教えられてきました。まだ〱 その境地には至っていませんが努力だけはしようと思っている所です。たくさんの句拝見出来て楽しゅうございました。ありがとう。

中村 セミ

特選句「にんげんをぽたぽた落ちてみな魚」人間という虚構で出来ている部分が、ポロポロと皮がはがれて、ゆくと(もっと深淵な部分の事をいっているのだろうが)魚が、表われるという句である。魚に返るといった方がいいのだろうが面白い句だと思った。元々海から発生した魚が、陸に上り何万年もの進化の果てに、人間になった。人は信用を作るのにピザの斜塔ぐらいつみ重ねなければならぬのにそれを崩すのに一瞬だ。魚に帰る時も、ぽたぽた落ちたで魚になれるという事だ。(ここ迄句評これ以降適当な文)で気になったのが、魚になれば魚の気持しか残らないのだろうが、ぽたぽた落ちた人間のパーツ、そこには人間の気持ちが未だ残っているのだろう、それはどの様にはい出しそこから何になっていったのだろうか、向うの情熱大陸や人間山脈迄それ等は、いけたのか、それ以上に人間が魚になった時、どんな性状、どんな特質で一日を過ごすのか、続編の五、七、五で書いて欲しい。

野田 信章

特選句「冬蝶嗅ぐ母の日溜まりありにけり」平明にして「冬蝶嗅ぐ」とは、全てが枯れ尽くした中で、かなりの生理的実感の燃焼を伴って、母そのものの存在感を具体的に止揚しているかと思う。特選句「溺れ易き性沈めたる柚子湯かな」は何かにつけて「溺れ易き性」と読むとき、やや自虐の加味されたペーソスのある自愛の句として味読できるかと思う。

兜太師の逝去の訃報の中で選句しつつ、いまはその魂安かれと祈るのみである。

小宮 豊和

問題句「誰が知らぬ咳だけがゆく真夜の道」上五「誰が知らぬ」は「誰か知らぬ」の書きまちがいではないかと思う。この句からは、「真夜」が全くの闇なのか、星明りか、月や外灯があるのかわからない。また作者がどこで咳を聴いているのかわからない。咳も男か女か、年齢はどのくらいかわからない。しかし読者はこの句を読んで、それぞれ独自に映像を思い浮かべる、大いに詩的である。

高橋 晴子

特選句「降る雪や苦海浄土に華一輪」石牟礼道子が九十才で逝った追悼句だと思うが単に石牟礼道子と言わずにその作品をあげ石牟礼道子の生全体を表現している処がうまいと思った。問題句「シクラメンわたしの中の怖い他人」俳句を詠んでいて、時に俳句の中に自分にも思いがけない自分を発見して、ふと俳句が怖くなる時がある。俳句の形式がそういうものを弾き出すのか、表現という作用がそういうことになるのか、よくわからないが、自分が自分だと思っている自分などほんの表面的なもので深層には何がひそんでいるか、しれたものではない。〝わたしの中の怖い他人〟と言葉で言ってしまっては、それまでのような気がする。シクラメンが効いていないのかなあ。問題句「忘れるとう慈悲もありけり桃の花」桃の花も甘いよ。忘れることは救いでもあるが慈悲などど言ってしまっては、それまで。

兜太先生、残念です。無念です。二月二十一日朝五時のラジオで知りしばらく呆然としておりました。兜太さんのことだから、もう一度元気になると信じていたのですが、でも最期まで兜太さんらしい生き方で感じ入っています。

柴田 清子

「春の海辺の巻き貝は巻き貝だ」を特選に。「春の海辺」が巻き貝の全てを言い表しながら、読み手を春の海辺に引きずり込む強いものがある。特選句「さかなになるひとにんげんでいるひと薄氷」さかなとにんげんとひととの関りが、薄氷で、かすかな繫がりを持たせている見事な一句、特選とさせてもらいました。小宮さん。第三土曜日、忘れないで、又来てくださいね。

金子先生残念な事でしたね。三月の小豆島吟行、皆でうーんと楽しい金子先生を偲ぶ会を!

亀山祐美子

特選句『にんげんをぽたぽた落ちてみな魚』不思議な、不気味な句である。しかも無季。「にんげん」を「ぽたぽた落ちる」ものは何か。しかもそれは全て魚になる何かなのだ。「にんげん」を伝う水か。それとも体内を巡るの血か涙か汗か魂か。悪霊か…。記憶なのか。人間が人間でいる為に捨てざる負えない何かの代償。業。煩悩。それらが解決され浄化されたものは魚になり新たな命を得る、のなら救いがある。内省的で、難解な一句。しかし、単に雪が降ってきただけの句かもしれない。おもしろい句だ。特選句『血のごとくけもののごとく春の泥』「春の泥」が「血」のようだ。という感覚は理解できる。しかし「獣」のようだという感性はどこから来るのだろう。春先、啓蟄から蠢きだす森羅万象。泥さえも命を宿すのか。特選句『芽明かりや河原の石を積み崩し』一読三途の川の景が浮かんだ。逆縁の子が積む石塚を積み崩す鬼の脚が芽明かりに浮かぶ。春先の河原の堆積物や石ころを重機が均しているだけなら、こんなにもやるせないのは何故なのだろう。特選句『まんさくやまつらふことなき土塁』大昔長尾の吟行句会で満開の紅色金縷梅の大木を見た。血のような赤だった。「服従することのない小さな砦」に「まんさく」か咲き乱れている。「土塁」といえば北九州の防人がまず浮かび、違和感があり句会ではスルーしていたが、小宮さんのご指摘で東北の蝦夷の族長阿弖流為の土塁だと知る。坂上田村麻呂への防御攻撃の為の土塁。日本固有の樹木で余寒の中、他の花に先駆けるように花を咲かせる。まず咲くが訛り「まんさく」の名がつき、葉は止血剤になるという。桜ではなく満作。東北人の土着の誇りを感じる。「土塁」のみの漢字表記に土と意志の堅さ。平仮名表記にまんさくの花びらと悠久の時空を感じる。句会でしか得られない知識が多々あります。知の人である、小宮氏が三月に、神戸へ引っ越すことになったのは『海程香川』句会に取って大きな損失であり、誠に残念です。またお目にかかれますこと祈念いたしております。お元気で。

藤田 乙女

特選句「老いこそ力天地を統べる大野火よ」」老いをネガティブにとらえがちな自分ですが、この句は、ポジティブにとらえ、凄いと思いました。この句から大きな力をもらったような気がします。特選句「湖にしづかな呼吸初蝶来」湖の静かな呼吸という表現がとても素敵で情景が思い浮かぶようでした。静やかな春の訪れが感じられます。

野﨑 憲子

特選句「虎落笛石牟礼道子連れて行き」石牟礼道子さんは、パーキンソン病を患っていらしたという。虎落笛が光を帯びて響いてくる。問題句「にんげんをぽたぽた落ちてみな魚」一読、兜太先生の、「戦さあるな白山茶花に魚眠る」をおもった。揚句は、大きな世界を描いていてオノマトペも見事である。だけど、私は、「みな魚」に妙な違和感があります。

兜太先生ご逝去の報道にしばらく言葉を失くしました。先生の存在の大きさに改めで気付かされる日々が続いています。でも、これから先生は他界にいらっしゃると思うと、先生を不思議な身近さで感じております。

(一部省略、原文通り)

袋回し句会

たねをさん
春昼やポポンSのむたねをさん
野澤 隆夫
いきなりが身上といふたねをさん
野﨑 憲子
たねをさんとは春の海のようです
柴田 清子
菫にも風にもなれるたねをさん
中野 佑海
カーリング
カーリング真っ直ぐに猫恋に堕つ
柴田 清子
カーリングよってたかって寒の明け
亀山祐美子
氷上に掃除名人カーリング
野澤 隆夫
バレンタイン
ジャガイモの面子今日はバレンタイン
中野 佑海
チョコレートバレンタインの苦さかな
小宮 豊和
四十年かかって告げるバレンタイン
鈴木 幸江
初音
初音かな遠くから水流れくる
柴田 清子
初音きく真昼真紅のルージュひき
島田 章平
初音して家にも後ありにけり
男波 弘志
初音せり爪の桃色跳ねたくて
中野 佑海
四回転羽ある如く跳びにけり
藤川 宏樹
薄氷や羽毛よごれし家鴨たち
男波 弘志
大鷹の風切羽の鳴りにけり
小宮 豊和
蝶に気を取られるままに死者に羽
田口 浩
影踏めば二ン月の羽金色に
野﨑 憲子
小宮さん
海越えし風よ大地よ小宮さん
三枝みずほ
東風吹かば思い出します小宮さん
漆原 義典
春なれや耳にとろける小宮節
亀山祐美子
憂いなき小宮さん好き法蓮草
中野 佑海
小宮さん風光らせて海渡る
柴田 清子
薄氷
薄氷を蹴って結弦(ゆずる)の金メダル
島田 章平
薄氷や定年あとの夫のごと
鈴木 幸江
うすらひや俳句の神さまだけ映る
野﨑 憲子
薄氷一つずつ減る大事なこと                            
男波 弘志
薄氷やハートの型に抜けしかな
中野 佑海
薄氷の第九会場海の端
野澤 隆夫
啓蟄
啓蟄やめがね補聴器総入歯
小宮 豊和
啓蟄や見開き図鑑のまま眠る
三枝みずほ
啓蟄やたねをさんは今日も留守
野﨑 憲子
啓蟄や動かぬ時計動き出す
中村 セミ

【通信欄】&【句会メモ】

【句会メモ】今回は、育児に忙しい三枝みずほさんも句会開始の午後1時からのご参加で、熱気あふれる句会になりました。<袋回し句会>では、2月に逝去された高橋たねをさんと、お家の事情で四国を離れる小宮さんの名前もお題に挙がり、思い出深い句会になりました。

【通信欄】2月の句会が終わり、ぼちぼち選評が届き始めた頃、兜太先生ご他界の報道がありました。先生はお元気だという思いが強くあり俄かには信じられませんでした。2月20日、午後11時47分にご他界されたそうです。安らかなご最期だったと伺いました。選評と共に届いた追悼文も、そのまま掲載させて頂きました。先生は、百歳を越えてもお元気でいらっしゃると確信しておりましたので、今も信じられない思いでいっぱいです。衷心からご冥福をお祈り申し上げます。

先生は、この「海程」香川句会報をとても楽しみにしていらっしゃいました。先生の話されていた、生も死も同じ「いのちの空間」へ向かって、ますます熱く渦巻く豊かな句会を展開して行きたいと強く念じております。今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

三月句会は、事前投句はいつも通りですが、高松での句会は、舞台を小豆島へ移して、兜太先生追悼の一泊吟行会を行います。どういう作品が集まるか、今から楽しみです。

冒頭のスケッチは、本句会の仲間、藤川宏樹さんの作品です。

2018年2月21日 (水)

追悼 金子兜太先生

供花.jpg 20日の夜、金子兜太先生が他界されました。お正月に体調を崩され入院し、先月末に退院されたと聞き安堵していた矢先でした。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

兜太先生は、本句会の盛会を、とても楽しみにしてくださっていました。先生のお創りになった「海程」の、陽気漲る多様性に満ちた自由な渦巻を深めて行きたいと存じます。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

Calendar

Search

Links

Navigation